コントラスト

またまた、あずくさん主催の「まったりドール撮影会」に参加させて頂いた。
今回のスタジオは、Atelier S 尾山台。

自宅からは自転車で行ける距離なのだが、
というよりも、自転車で行った方が早いぐらいの話なのだが、
ドールを背負って、撮影機材を背負って、自転車に乗るのは、
どう考えても無理なので、おとなしく電車に乗って行った。

Ring dollのKを背中にくくりつけて自転車に乗るのは、危険だからね。
そう、この日は、Ring dollのKを連れて行ったのだ。


Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

model: K
Ring Doll、K-Style B


燦々と日差しが差し込む窓辺のコントラストが素敵だったので、
壁際の椅子に座って頂いた。

やはり、Kには光と影がよく似合う。


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

鏡に映った姿

またまた、あずくさん主催の「まったりドール撮影会」に参加させて頂いた。
今回のスタジオは、Atelier S 尾山台。
アンティークな調度品が、さりげなく置かれている素敵なスタジオなのだ。
2階に上がったら、大きな鏡が、部屋の片隅にひっそりと置かれていた。

これは、撮らねばなるまい。
鏡があったら撮る、それが心意気というものだ。


Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

model: K
Ring Doll、K-Style B


我が家のRing doll、K氏は、自分の顔が嫌い・・・という設定になっている。
いや、自分が美しいことは承知しているのだ。
誰もが、その容貌を「美しい」と賞賛してきた。
でも、Kはそれを疎ましく思っている。
その美しさが、彼を過酷な運命に追いやったことで、
自分の美しさを受け入れることができない。
自分に対して「美しい」と言う者を憎んですらいる。
だから、彼は笑わない。
不機嫌な表情で、美しさを否定している。

だから彼は、鏡に映った自分を見ようとはしなかった。
目を背け、俯き・・・そして、本当は自分でも美しいと思っている姿を見て・・
哀しげに横たわった。

そんな、ストーリー。


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

明るい日差しの中で

Twitterで仲良くしている、あずくさん主催の「まったりドール撮影会」に、
またまた参加させて頂いた。
今回のスタジオは、Atelier S 尾山台。

連れて行ったのは、なかなか出番に恵まれない、Ring dollのK氏。
本当は、マントと帽子を作りたいのだが、作る時間が無くて、
後回しになっているので、撮影をして貰えない、哀れなK氏なのである。
あまりに不憫なので、マントも帽子も無いが、素敵なスーツ姿を
拝ませて頂くことにしよう。


Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

Ring doll、K-Style BのKを撮影会に連れて行きました

model: K
Ring Doll、K-Style B


改めて、K氏の脚の長さに、びっくりした。
50mmの単焦点レンズで、随分と下がったのに、なお爪先まで入らない、とは。
あまりに脚が長いので、ズボンの丈も微妙に足りていない。
いや、それはおかしいだろう。
Ring dollさんの純正のお洋服なのに?
むう。

これまでは、暗い場所で陰影をつけて撮ってばかりいた、
Ring dollさんのドールだが。
明るい日差しの中に佇む姿も、なかなか素敵だと思った。

のっぺりした印象にならないように、光のコントロールは
少々難しかったけれども。


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

Daguerreotype Achromatの試し撮り #2

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、
これまた我が家にやって来たばかりの、Ring doll K-Style Bに
モデルになって貰って、試し撮りをした。


Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

model: K
Ring Doll、K-Style B


光のコントロールが難しく、平坦になりがちなのは、
まだレンズに慣れていない所為だろう。
しかも、Kの撮影にも慣れていない。

デジタルのカメラで使う場合には、シャドウを落として、
コントラストを強くした方が雰囲気が出るような気がする。
ただし、ハイライトはレンズ自体が強調するようなので、
ハイライトも抑えめに。

絞りプレートが届けば、もっと自在に扱えるようになりそうな気もするが、
まずは、レンズだけを使って、馴らしていくつもりだ。


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

Daguerreotype Achromatの試し撮り #1

ちょっと、カメラのレンズの話になってしまって、恐縮だが。

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatを注文していた。
シルクをまとったような滑らかな表現の写真が撮れるらしい。
作例を見て、ハートを撃ち抜かれてしまったので、迷うことなく注文したものだ。

2016年の夏に注文したのだが、お届けの予定は2017年の2月頃、とのこと。
のんびりと待つつもりでいたが。
Lomographyから、1通のメールが届いた。
「絞りプレートの生産が追いつかないので、先にレンズだけをお楽しみ下さい」

Daguerreotype Achromatは、絞りプレートを差し込んで、
露出をコントロールするレンズなのだが、
はて、絞りプレートが無くても、使えるものなのだろうか?
そんな疑問が頭をもたげたが。
程なくして、レンズが届いてしまった。

荷物を受け取った瞬間。
何が届いたのか、と思うぐらいに、ズシリと箱が重い。
半信半疑で箱を開けると、びっくりする程筒の長い、
金色に輝く、重厚なレンズが出てきた。
真鍮製のそれは、かなり重く、PENTAX MEとX-T1で使用する
つもりでいたワタシは、軽く困惑した。
これは、Nikon D7200で使うべきだったかもしれない。

しかし、届いてしまったからには、もう後戻りできない。
恐る恐る、X-T1に取りつけて、我が家にやって来たばかりのK氏を
撮ってみることにした。


Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatが届いたので、Ring dollのK-Style Bにモデルになって貰いました。

model: K
Ring Doll、K-Style B


全体的に、霞がかかったような見た目になるので、
ピントの山がわかりにくい。
ここだ!と思うところに合わせて、そこから微妙にずらすと、
フンワリ感が増幅されて、レトロな雰囲気になる。

まだ、ちょっとレンズに慣れるには時間がかかりそうだ。


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

ツバキ アキラ

Author:ツバキ アキラ
たゆとう傀儡師
または、写真師
ドールを操り、
ドールを愛でる

最新記事
カテゴリ
にほんブログ村
月別アーカイブ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング